<< 千葉県産の魚に値つかず | TOP | 味の素、節電応援レシピ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

我が家を守る

 「シルシルミシル」の番組でALSOKが紹介されていた。

ALSOKと契約している家は本当に泥棒が入りづらいのか?の検証。

玄関まわりには防犯カメラやドアを開けると音楽がなるなどがありこれだけで泥棒は諦めるかもしれない。

家の中に入られても人の温度を感知するセンサーがあり、ただちにALSOKの会社に通知され現場近くにいる警備員が駆けつけてくれるる。

家の主にも携帯で知らせてくれるので我が家の危機がすぐ分かる。

月々の契約料は3150円とかなりお安いが、工事費と機器費用はかなりのお値段になるが最初だけだし検討してみる価値はあるかもしれない。


これから暖かくなり窓を開けて風を部屋に入れたくなる季節、泥棒も虎視眈々と入る機会をねらっていそうだ。

そこで直ぐできる防犯対策は、

〇二階で洗濯物を干すときは1階の窓は閉めておく。

〇自転車に住所や名前を書かない。

〇留守番電話を設定しない。

〇表札は苗字だけにし家族の名前を書かない。

番組では紹介されていなかったけどブロック塀で囲っている家は注意が必要、侵入者が姿を隠しやすい、音の出るジャリなどを敷き詰めておくといい。

防犯に歩くと音がする砂利元警察官の当店社長も推薦歩くと音がする防犯砂利(30L)10袋【送料無...


我が家でも泥棒に入られたことがある、部屋の中は特に変わった様子がなかったが、引き出しを開けるとかき回されていた、そして別の場所に隠しておいた生活費の10万円を盗まれてしまった。

「どうしてここが分かったんだろう?絶対大丈夫だと思っていたのに」プロの泥棒に変な話だが感心してしまった。

犯人は裏の二階の窓から侵入したらしい、警察に通報したがいまだに犯人は捕まっていない。

悔しい思いをしたが全ては後の祭りだった。

あなたの家は大丈夫?チェックしたみてはいかがだろうか。



| 我が家を守る | テレビ番組 お笑い |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syunkasyuutoh.jugem.jp/trackback/624
トラックバック