<< ピッピッピッとさえずるマウス | TOP | すべらない話 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

拒食症の恐怖

昨日の 「ベストハウス123 」で拒食症の女性イザベルさんが紹介されていた。

彼女は慎重165センチで体重はわずか24キロ。

彼女の骨や内臓が22キロだから肉はたったの2キロしかない、よく生きている思う。

イザベルさんが拒食症になったのは母親の自己中心な愛。

夫の愛をつなぎとめる為にイザベルさん を自宅に閉じ込め、彼女に「小さくい続ければ可愛がってもらえる」と、繰り返し刷り込みをした。

彼女は「大きく(成長)したら、自分は捨てられる、愛されなくなる」という恐怖におののき、成長することを拒絶するようになり、食後には嘔吐し成長をとめようとした。

その後、親戚に助けだされ拒食症に詳しい医師との出会いでイザベルさんは今も戦っている。

この病気の恐ろしさを世界中に訴えようとし彼女は全裸のモデルも引き受けた。

その体は可愛そうで見ていられないほどである。

この病気は、その9割が思春期の女性で、一度 拒食症になると、なかなか簡単には抜け出すことが出来ないという。

彼女は番組で「自己流のダイエットなどによって、拒食症 にならないように」とメッセージを送った。

痩せていることが美しいと思い込んでいるダイエット中の方々、あなたの方法は正しいですか?

本当に今以上にやせる必要がありますか?

極端なダイエットで命をおとしてからでは遅い、いまいちど自分を見つめてほしい。

拒食症・過食症を対人関...

拒食症・過食症を対人関...

価格:1,680円(税込、送料別)

| 拒食症の恐怖 | 健康 美容 ダイエット  |
| comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syunkasyuutoh.jugem.jp/trackback/562
トラックバック
☆ポイントUP開催中☆
お花の事なら『花のギフト館』へ☆
| 花ギフト館のブログ | 2010/12/23 5:46 PM |