<< インナーマッスルを鍛えて万病予防 | TOP |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

眠れないなら試してみて 科学的根拠にもとづく快適睡眠を得るための10のコツ

1.リラックスできる音楽を聴く



上の動画にある曲は科学的な見地から作られた入眠効果の高い音楽だそうだ。
眠れない時に聞いてみよう。

2.ブルーライトを追い出す

眠りにつく2時間前にパソコンやスマホ、タブレット端末の使用を控えること。ブルーライトは脳を刺激して眠りを妨げるのだそうだ。


3.やることリストを作る

明日やるべきことの全リストを作ったり、やることを箇条書きにしていつやるかを整理してから寝よう。これはベットに入ってから、明日の事をあれこれ考えないようにするのに役立つのだそうだ。


4.脳を疲労させる

寝つきが悪いなら、動物を五十音順から思い出してみたりして、軽く脳を疲れさせよう。例えば「あ」はアリ、「い」はイルカ…そんな感じでやってみるといい。とは言えあまり難しいことを考えるとかえって眠れなくなるので複雑なテーマは避けよう。


5.ベッドを移動させる

人は危険を発見しやすく、なおかつ逃げる余裕のある場所にいると安心感が増す。つまりドアが見え、かつドアから1番遠い所にベッドがあれば最もリラックスできるそうだ。ドアが良く見えるベランダに近いところとかもいいかもしれない。


6.バナナを食べる

就寝前にバナナを食べると良いらしい。バナナに含まれる栄養分と炭水化物が体と心をリラックスさせるのに役立つそうだ。その後歯を磨くことも忘れずに。


7.むしろ絶対眠らないぞ!とあえて抵抗する

眠れない時は無理に眠ろうと思わず、逆に積極的に起きていようすることで脳が疲労を感じるようになる。目をパッチリと開き「寝ない」ことに意識を集中させてみるといいだろう。


8..靴下を履く

血行が悪い人は、寒さを感じることが不眠の原因になる。暖かい靴下を履いてベッドに入ってみよう。


9.寝酒を避ける

早く寝るために飲んだ少量のアルコールが、夜間の睡眠を妨害し、急に目が覚めたり、断続的に夢をみたりする。


10.簡単なパズルをする

20分以上寝れないなら、起き上がって「退屈なこと」を数分ほどやってみよう。ジクソーパズルなどがおすすめだ。



引用元 via:nightschoolbook・原文翻訳:R
| 眠れないなら試してみて 科学的根拠にもとづく快適睡眠を得るための10のコツ | なんでもニュース |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syunkasyuutoh.jugem.jp/trackback/1270
トラックバック