<< こりトレで肩こりがたった1分で楽になる | TOP | ゴディバ 2014年スプリングコレクション >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

島忠のホームズの儲かり戦術とは

今日の「がっちりマンデー」はホームセンター、島忠のホームズ。

我が町の近くには島忠はないので行ったことは無いけど「シマホ」とテレビCMでよくみます。


最近の大型ホームセンターなどは人件費節約の為店に店員が少なくなっています。

我が町のコーナンでは用があるときはブザーを鳴らして店員を呼ぶシステム。

ところが、島忠は間逆。

とにかく店に店員が多い、会社のこだわりは「人で物を売る」

多いだけでなく一人一人が色んなジャンルに詳しい。

その為に定期的に勉強会を開き、実際に商品を使う事をしているのです。

それは新商品であったり、リフォームの勉強会までも開らかれていました。


さらに島忠では地域によって店の造りが違っていたり、扱う商品が違っていたり、開店時間もでも違うのです。

一番驚いたのは接客の丁寧さでした。

ダイニングテーブル一つ売るのに、パソコンで立体的にシュミレーションは勿論、売り場を実際に家の間取りのようにセットしてしまう。

こうすることでイメージがグッと膨らみます。

希望があれば家に無料で来てくれ採寸までしてくれるそうです。


最近始めた勉強会。

それは実演販売。

せっかくの良い商品も内容が分からなければ売れない。

実演販売をすると、何もしない時と比べ10%アップだそうです。

プロの講師を向かえ2日の猛勉強。

ポイントは!

1、大事な事をいう前に間をあける。

2、「どうですか?」と聞かない、「〜でしょう」で終わる。

3、照れのリミッターを外す。


実演販売はプロがするよりも一生懸命の社員の方がお客さんに熱意が伝わるそうです。

一生懸命やって、恥をかいて、失敗して、経験して成長していくと社長がおっしゃっていました。

効率優先の今の販売店、島忠は物を売ることの原点のような気がしました。

店員の言葉、態度一つでお客さんは気を悪くし二度と行かないことだってありますよね。

 

★ 防災グッズ18点セットを200名様にプレゼント!!

詳しくは番組ホームページへ。

http://www.tbs.co.jp/gacchiri/

| 島忠のホームズの儲かり戦術とは | 人生 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syunkasyuutoh.jugem.jp/trackback/1238
トラックバック