<< 楽天株式会社が買収した無料通話アプリ「Viber」 | TOP | ティファール フードシュレッダー フレッシュ エクスプレス MB755GJP >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

有名な超儲かり登録商標 

「がっちりマンデー」今日のテーマは超儲かり登録商標。

シーチキン・ムース・亀の子タワシもRマークがついてる登録商標なんです。


★積水テクノ成型(株)

登録商標は「ポリバケツ」

日本で初めてポリエチレンのバケツを作りました。

当時は画期的な商品だったので、嫁入り道具にも、ホテルのゴミバケツにも利用されていたそうです。

1962年蓋付きゴミバケツ「ポリペール」を開発。

全国的に広がったのは1964年・東京オリンピック開催に向け東京都がポリペールを採用。

蓋がついて、衛生的でニオイが気にならないと全国に広がりました。


一般的名称は「プラスチック製バケツ」


★ クラレファスニング

登録商標は「マジックテープ」 

1960年に面でとめるテープの生産開始。

触るとチクチクするのがフック、フワフワしているのがループ、それが絡んでとめる。

だが画期的な商品をどう使っていいか分からなかったそうです。

それが大ブレイクしたのが1964年。

新幹線開通で、座席のカバーに採用されたのがキッカケ。

国内シェア60%。


一般的名称は「面ファスナー」 


★ (株)ニトムズ

登録商標は「コロコロ」

今や何処の家庭にもある、発売以来30年間売れている大ヒット商品。

ニトムズは粘着テープを生産している会社で、新たな商品を開発し発売したのが「ゴキ逮捕」

ハエたたきのような形で先に粘着テープがついていて、ゴキブリをたたいて処理するもの。

が、全く売れず在庫の山、負債は1億以上、倒産の危機!!

「何とかしなければ」

すると女子社員がガムテープで服のゴミを取っていたのが目にとまり閃いた!

5年の歳月をかけ1983年に「粘着カーペットテープ」で発売。

お客さんから「あのコロコロ回るものを下さい」との声が多かったので商品名を「コロコロ」に変更。

ニトムズのコロコロは粘着テープに秘密がある。

面全体にノリを塗るのではなくスジ状に塗ってある。

だからノリが塗ってない部分がカーペットの奥にに入り込みゴミが良く取れる。


★ 大関(株)

登録商標は「ワンカップ」

1964年ビールに押され始めた頃。

手軽に飲める日本酒として「ワンカップ」を発売。

ネーミングは、英語を習っていた社員が「コップ」じゃなくて「カップ」だろうという事で決定。

日本酒は光と温度に弱いためビンに色がついてるのが当たり前、だがワンカップの容器は透明。

それは「しずる感」で美味しそうと思ってもらう為だそうです。

大ヒットのキッカケは1966年に東京ー大阪の新幹線が開通しその駅で販売したこと。

旅行客やサラリーマンに人気となり全国に広まっていった。

さらに自動販売機で取り扱ったのも大きい。 


★ 森永さんに聞く登録商標で大ヒットするものは

「ゆるキャラ」 

みうらじゅんさんが今から10年前に登録商標しているそうです。



| 有名な超儲かり登録商標  | がっちりマンデー |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syunkasyuutoh.jugem.jp/trackback/1220
トラックバック