<< 長引く肩の痛み、その五十肩は! | TOP | エコー・スマートペン第77回東京インターナショナル・ギフト・ショーでグランプリを受賞 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

ROGUE 奥野敦士 歌えなくなってからの奇跡の復活

 

一昨年の夏に開催された東日本大震災の被災者を応援する音楽フェスティバル。

その中で、Mr.Childrenの桜井和寿さんが、伝説のバンドROGUEについて熱く語った。


奥野敦士さんと香川誠さん。

群馬県で生まれた2人は18歳で上京し、音楽の専門学校で出会った。

2人の夢はメジャーデビュー。

そして22歳の時、ついにその夢が実現、2人が中心となり結成したROGUEがメジャーデビューしたのです。

奥野敦士さん作詞作曲した「終わりのない歌」はファンを魅了した。




 しかしその翌年、奥野敦士さんはバンド解散を宣言、ソロ活動を目指そうと。

奥野敦士さんと香川誠さん2人の物語はこの後壮絶な運命に遭遇することになる。



詳しい内容は「奇跡体験アンビリバボ」のHPをご覧下さい。
http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/140206_2.html



復活した奥野敦士さんが歌う「この素晴らしき世界」


全身麻痺で人の手を借りなければ何も出来ない。

けれど「この素晴らしき世界」を歌う奥野さんは本当に輝いている。

Mr.Childrenの桜井さんも「どんな状況になろうとクシャクシャの笑顔で歌いたい」と。


奥野さんはクシャクシャの笑顔で歌っていた。

世界はなんて美しいのだろう〜

生きているって素敵なことだな〜




 ROGUEは、今年7月にもライブが決定している。


| ROGUE 奥野敦士 歌えなくなってからの奇跡の復活 | 人生 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syunkasyuutoh.jugem.jp/trackback/1212
トラックバック