スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

動物のお腹が白くて柔らかいのはなぜ?

サメ、両生類、鳥類、そして一部の哺乳類にいたるまで、「白くて柔らかいお腹」を持っている。

本来、生き物にとって一番のウィークポイントであるはずの腹部なのに、なぜ柔らかくて、白いのか?

主に外来生物の研究を行っている米生物学者、ジャクソン・ランダースがその謎に答えてくれた。


1.動物のお腹はなぜ白いのか?


下にいる捕食者からの襲撃に遭いやすい動物のお腹は、たいていは淡い色になっている。

泳いだり、飛んだり、登ったりする時に、お腹の色が薄い色であれば、背景の水や空の色に溶け込み、下にいる捕食者の目を紛らわすことができるからだ。




他に、「カウンターシェイディング」と呼ばれるカモフラージュを利用する動物もいる。

これは、光を受ける体の部分に濃い色を、光が当たらない部分に明るい色を配色することで、動物の姿が視覚的に平均化され目立たなくなる仕組みである。

砂漠に住むヤギ属はカウンターシェイディングにより背景にうまく溶け込んで外敵から見えづらくなっている。

 

2.動物のお腹はなぜ柔らかいのか?


どんな脊椎動物の骨格も、お腹を守るような構造にはなっていない。

胸郭は胸を守っているが、お腹は無防備である。しかし全ての動物がそうだというわけではない。

有史以前の動物の多くは、腹部を守るためのガストラリア(腹骨)を持っていた。それはいわば、第二の肋骨のようなもので、お腹を守るだけではなく、腹部の筋肉と他の組織を繋ぎ合わせる役目も果たしていた。


ティラノサウルス・レックスのような獣脚恐竜にもガストラリアがあった。

プテロサウルスやチャンプソサウルスもだ。始祖鳥にもガストラリアはあったが、現代の鳥類には存在しない。

その理由は簡単だ。素早い離陸のためには軽量化が必要だからだ。

重いガストラリアのせいで腹部を攻撃され続けていた鳥類は、進化の過程でこの重い骨を消滅させ、その結果、素早く離陸し、より長く滞空する力を手に入れたのだ。

このような鳥類の進化の歴史は他の種についての説明にもなる。

余分な骨や鎧があると、成長や維持にたくさんのカロリーとカルシウムを必要とする。

外敵から身を守るのも大切なことだが、必要最低限の栄養素で効率よく動ける体の方が生き残れる確率が高かったということだ。


こうしてほとんどの動物はガストラリアがなくなったわけだが、それでも今尚、ガストラリアを持っている動物がいる。

恐竜が出現した頃から、ほとんど進化せずに存在してきたワニである。

ワニは白いお腹の中にガストラリアがある。

ワニは重い鎧、ガストラリアがあってもその体を維持し、なおかつ守ることができたというわけだ。

進化の負け組はワニとも言われているけれど、むしろ進化せずとも生きながらえてきたってことはある意味すごいことだ。

via:slate・原文翻訳:LK

 

 

| 動物のお腹が白くて柔らかいのはなぜ? | 動物 生き物 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

犬はヒトの声を聞いただけで男女の違いを認識することができる

 人間は、姿が見えなくても声を聞いただけで相手の性別を想像することができる。

テレビから流れる音声や、電車のアナウンスなど、相手の姿は見えなくても、その声の持ち主が男性か女性なのかを無意識のうちに認識しながら聞いている。

では犬はどうなのか?日常的に人間と暮らしている犬は、人間の声を聴いただけで男女どちらなのかを認識し、別々のイメージを思い浮かべているのだろうか?



京都大学で犬の社会的知性や認知能力を研究している心理学研究室の高岡祥子先生率いる研究チームは、この研究を行いその調査結果を報告した。


結論から言うと、犬は人間の男女の声の違いを認識しているようだ。

研究チームは人間の赤ちゃんの認知能力を調べる方法を用いてこれを調べた。

人間の赤ちゃんはまだ言葉をうまく使えないので、言葉を使用しなくてもよい様々な研究方法が開発されており、この研究方法は動物にも応用されている。

 

実験ではまず、イヌをモニターの前に座らせ、次に、モニターの後ろに設置されたスピーカ―から男性または女性の音声でイヌの名前を呼ぶ音声を流す。

その直後に、モニターに男性または女性の顔写真を呈示して、イヌがモニターをじっと見ていた時間を調べた。

音声も写真も、イヌにとっては見知らぬ人物のものであるが、音声の人物の性別と写真の人物の性別が一致したものと、一致しないものの2つの条件で行われた。

 

その結果、イヌは音声と写真の性別が一致している条件の時よりも、異なる条件の時の方がより長くモニターを見ていたという。

つまりイヌは、男性の音声がして男性の写真を見せられても予想通りなので驚きはしないが、男性の声がしたのに女性の写真を見せられると、予想と反するので驚いてじっとモニターを見ていたと解釈することができる。

これは、声を聞きただけで姿を見ていなくても、声の主の姿を想像していたことを示す証拠となる。


イヌを飼っている人からすれば、「予想通り」でびっくりしない結果かもしれないが、科学的な手法で調べられたのはこれが初めてである。

via:イヌ(Canis familiaris)におけるヒトの性別の感覚統合的概念

 

高岡先生は、特に犬に関しての認知研究を熱心に行っており、今回研究を行ったヒトの性別判断以外にも、イヌはヒトの話し声を聞いていったいどんなことを思い浮かべているのか?

犬がヒトと暮らすことでどのような社会的知性が発達していったのか?犬地に関しての興味は尽きないという。

カラパイアより

 

| 犬はヒトの声を聞いただけで男女の違いを認識することができる | 動物 生き物 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

カラスの脳は鳥頭ではない。その知能の高さは平行進化

 カラスやカササギ、ワタリガラスといったカラス科(Crovids)に属する鳥たちは、一般的な鳥よりも頭がいいと言われており、実際に道具をうまく使いこなしたり、いたずらをすることでも知られている。

ドイツ、チュービンゲン大学の神経生物学者レナ・ベイト博士とアンデレアス・ニーデル教授は、カラスの知能の謎に迫るべく、カラスが戦略的な意思決定をする際に、カラスの脳で知性に関わる挙動がどの程度現れるのか検証した。


カラスの脳は他の鳥類の脳とは全く異なっている。

行動生物学者たちはカラスの事を「羽をもった霊長類」とさえ呼ぶことがある。

こう呼ばれるのは、カラス達は道具を作り、それを使い、また数多くの餌場の位置を記憶することができるからである。

他にも、集団内の自分以外のカラスが何をしているのか見て、社会的な行動をすることができる。

こういったカラスの高度な知性というのは驚くべきものである。

なぜなら、鳥類の脳は社会的な行動をしている霊長類を含む哺乳類のものとは根本的に全く異なった構造をしているからである。



チュービンゲン大学の研究者たちは、まず初めにカラスの知的な行動を脳生理学的な面から調査した。

カラスを訓練し、コンピュータ上で記憶力テストをできるようにした。

まずカラスに画像を見せ、それを記憶させる。

そして、少し時間を置いた後、タッチできるスクリーンに2つの画像を出し、くちばしでどちらかを選択できるようにした。

これは、切り替え動作を測る際のルールに基づいて行った。

用いる2つの画像の内1つは実験の最初にカラスに見せた画像を用い、もう1つは違うものを使った。

この実験のルールとして、カラスに最初に見せた画像と同じものを選ぶようにするものと、違った画像を選ばせることにした。

カラスたちは両方の場合でも問題をこなし、また正確に2つの画像を切り替えることができた。

この結果から、カラスには他の動物のほとんどが持っていないあろ う高度な知性と柔軟な思考を持っていることが実証された。

こういったことをするのには人でさえ努力を要するものである。

カラスは先の実験の内容を、新しい画像を使った場合でもすぐに間違いなく選ぶことができた。

研究者たちはニドパリウム帯という、鳥類であるものを認識する際に高い活性を示す脳の領域を観察してみた。

ニドパリウム帯にある神経細胞のまとまりでは、カラスが同じ画像を見せた時に高い反応を示した。

一方この時、他の部位の神経細胞のまとまりでは違った画像を見せた時の反応と同じ反応をしていた。

この細胞の活性を観察した結果から、研究者たちはカラスが何かを選択する前に脳のどの部位が活性しているか見ることで次にどのような行動をするのか、予測することができた。(※ニドパリウム帯:哺乳類では脳の前頭前野(他の脳を制御しているとされる領域)にあたる。)


この研究はNature Communicationsに記載され、今回の研究から知的な行動の平行進化というのがどう起きていったのかを考えるのに重要なものとなった。


平行進化とは・・・

生物の進化に関する現象のひとつで、異なった種において、似通った方向の進化が見られる現象を指す。

平行進化の結果、同様の生態的地位についたときに、系統に関わらず身体的特徴が似通った姿に進化する場合もある。


「鳥類では多くの機能が他の動物とは異なっていることが分かっている。

これは、長い進化の歴史の中で鳥類の祖先である恐竜と我々人類は分岐していったからである」レナ・ベルト博士はこう述べている。

「このことから、違った分析により知的な行動がどのように生まれてくるのか、これに対する答えが見えてくるかもしれない」

鳥類と霊長類はそれぞれ違った脳を持っている。

しかし、意思決定に関わる細胞群は両者ともとても似ている。

この事から、進化の歴史を通し両者に共通する原理というのが再び現れたことが分かる。

「構造的に大きく異なった羽 を持つ鳥とコウモリを比較するこで航空力学的に違うと結論を出せるのと同じように、鳥類と哺乳類の脳の関連した領域で機能的に同じ所や異なる所を観察することでどの程度脳が働いているのか断定することができる。」と、アンデレアス・ニーデルはそう結論づけた。


プラスチックのフタをソリ代わりに遊ぶカラス


via:sciencedaily・原文翻訳:Copris


カラスが賢いことは以前から言われていました。

しかし女性には人気の無い鳥ですよね。


私は賢いカラスは好きですけどね。

 


 

| カラスの脳は鳥頭ではない。その知能の高さは平行進化 | 動物 生き物 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

昆虫が痛みを感じない理由は寿命の短さにあった(米研究)

 

感情的あるいは肉体的な痛みは我々の行動を変化させる決定的な要因となる。

痛みを体験することで、その記憶が忌避すべき刺激となって脳に残る。

この脳の反応により、未来に経験するであろう痛みを避けるように我々の行動をかえてくれる。





しかし、昆虫はどうだろうか?

昆虫には痛みを感じる中枢神経である”痛覚”がない。

昆虫たちには痛覚がないので痛みを体感することはないのである。

痛みとは高等動物のような長い寿命を持つ生き物が、その生き物の生を全うさせることに一役買っている。

いやな経験から学習する能力が、未来を脅かす出来事を避けるチャンスを与えてくれるのだ。

ところが昆虫類には痛覚がないため、少なくとも我々が感じるような痛みを感じることはない。

なぜなら痛みを記録する必要がないくらい、昆虫のライフサイクルは短く、寿命は直ぐに尽きる。

米国カリフォルニア州、スタンフォード大学の研究者らがこの説を実証した。

毛虫やバッタは幼虫の時、生きたまま飲み込まれてもその日々の生活を改める必要はない。

昆虫たちは体が傷ついていても泣いたり喚いたりせず、いつもどおりの働きをやめないのである。

昆虫のほとんどは、数日で寿命を終える。

彼らはどのみちすぐに死んでしまうので痛みを記憶し回避する必要がないのだ。

昆虫たちの活動はあらかじめ組み込まれているロボットのようなものなので、彼らが行動や活動を省みて学ぶことなど、無に等しいのである。


だが、研究者たちの中にはこの説に異を唱える者もいる。

ミバエを使った似た実験がスタンフォード大学で行われた。

ミバエに熱プルーブで熱を与えると嫌忌のリアクションのようなものを見せたのだ。

研究者たちはこれを見て、嫌忌のためのニューロンの働きを発見することに成功した。

だが、それが本当に痛みを感じて出た反応なのか、熱に対するプログラムされた反射神経なのかは意見が分かれている。


いずれにせよ、昆虫が痛みを感じる決定的な証拠はまだ見出されていない。

昆虫は全生物の70%を占めていると言われている。

痛みを感じそれを学習し痛みを回避するというよりも、その数をもって種を存続させているという見方をする方がわかりやすいのかもしれない。

 

引用元:knowledgenuts・原文翻訳:Yucaly

 


 

| 昆虫が痛みを感じない理由は寿命の短さにあった(米研究) | 動物 生き物 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

ノックひとつでネコの命を守る「ボンネットコンコンキャンペーン」

人と動物とのよりよい関係のために、様々な情報を発信している非営利団体Paws in Clover, Kochi(パウズ イン クローバー,コウチ。以下Clover)は、「どうぶつの命を守ろう!『ボンネットコンコン』キャンペーン」を展開している。


冬はエンジンルームに動物が入り込むケースが急増


同団体によると、気温が下がってくると暖かい場所を求め、ネコなどの小動物が自動車のエンジンルームにもぐり込むことが増えてくるという。

ドライバーが気づかずにエンジンを始動させ、動物たちをベルトなどの回転部分に巻き込んでしまう事故が報告されている。

このような悲劇を少しでも減らそうと、同団体は「どうぶつの命を守ろう!『ボンネットコンコン』キャンペーン」を展開。

エンジンを始動させる前にボンネットをたたき、エンジンルームの中にいる可能性がある動物に、こちらの存在を気づかせるというもの。

「クラクションを鳴らす」「車体を揺らす」「大きな声を出す」などの方法も有効だという。

しかし、実際には「人と一緒だったり、周りに人がいると恥ずかしい」「慌てていてすぐ車に乗り込んでしまった」など、ノックができなかったという声も寄せられている。

そのような時の策として、車のドアを強めに閉め直すなどのワンアクションを行い「すぐにエンジンをかけないこと」を提案している。

最近の車はボンネットの中に動物たちが入りにくい構造となっているが、それは一度入れば出にくくなるという一面も持っている。

パニックになりやすい動物たちは、突然の強めのノック音に無音で行動することは難しく、そのパニック音に耳をすませることがとても重要だという。


キャンペーンの詳細は、CloverのFacebookでも案内している。





 

http://news.mynavi.jp/news/2013/11/27/085/index.html
| ノックひとつでネコの命を守る「ボンネットコンコンキャンペーン」 | 動物 生き物 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

殺処分かわいそう…猫逃がした町職員を書類送検

 捕獲した猫を捨てたとして、三重県警四日市北署は同県川越町の男性職員2人を動物愛護法違反(遺棄)の疑いで津地検四日市支部に書類送検した。

送検は21日付。同署によると、2人は昨年10〜11月、排せつ物に関する苦情を受けて捕まえたり引き取ったりした猫3匹を同県四日市市山村町の山林に捨てた疑い。

町環境交通課の説明では、従来、捕獲後は県桑名保健所に引き渡していたが、職員らが「殺処分されるのはかわいそう」として山林に放すことを決めたという。

同課は「周辺は野良猫がいて、生きていけると思った。

よかれと思ってやったが、法律の理解が不足していた」としている。

昨年12月以降捕獲はやめたという。

県健康福祉部によると、県内では昨年度2978匹の猫が殺処分された。

猫を捕獲しているとの情報を得た動物愛護団体のNPO法人「グリーンNet」(三重県鈴鹿市)が今年5月に告発、同署が捜査していた。

動物愛護法は、猫などを遺棄した場合、100万円以下の罰金刑を定めている。


引用元:http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20131123-567-OYT1T00267.html

 


難しい問題ですね。

職員の方は辛い仕事だと思います。


 

 


人生はニャンとかなる!

人生はニャンとかなる!
著者:水野敬也
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



 

| 殺処分かわいそう…猫逃がした町職員を書類送検 | 動物 生き物 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

保護された野良犬がエベレストのベースキャンプに到着

 

インドのゴミ捨て場で拾われた子犬が、犬としては初めてとみられる世界最高峰エベレスト(Everest)のベースキャンプ到達に成功した。飼い主で元プロゴルファーのジョアン・レフソン(Joanne Lefson)さんが13日、AFPに語った。

レフソンさんは今年9月、インドの山岳地帯にある町レー(Leh)で拾った生後11か月の「ルピー(Rupee)」を、標高5364メートルのベースキャンプへ連れて行くことを決心した。捨て犬の問題に光を当て、里親活動を推進するため、ネパールのヒマラヤ地方の村ルクラ(Lukla)を10月14日に出発し、13日後にベースキャンプに到達した。

レフソンさんはソーシャルネットワークのフェイスブック(Facebook)で、この旅を「犬類にとって偉大な飛躍」と表現した。「ルピーを本当に誇りに思う。(途中の)数日間は私が抱いて運ぶことになると思ったけど、逆に先頭に立って私を引っ張ってくれた」とコメントしている。

拾われた当初は脱水状態がひどく、死に瀕していたというルピーだが、レフソンさんの介護と高タンパクの食事が1か月間続けられた結果、その体は大きく成長した。ルピーは獣医師の健康診断を受けた後、エベレストのベースキャンプへと向け出発した。

右耳の一部が欠け、わずか数週間前には瀕死の状態だったにもかかわらず、ルピーは標高の高い場所にも問題なく慣れ、初めての雪を楽しんだ。「雪にとてもはしゃいでいました。雪を食べたり、中で遊んだり。もし私が許せば、雪の中で眠りさえしたでしょうね」とレフソンさんは当時の様子を振り返った。

フェイスブックに投稿された写真には、ネパールの景色や音を楽しむ様子や、カトマンズ(Kathmandu)でヒンズー教の僧に抱かれたり、ヒマラヤの町ナムチェ・バザール(Namche Bazaar)で子どもたちと戯れたりするルピーの姿が捉えられていた。

レフソンさんは「この旅の成功によって、人々が動物、とくに捨てられた動物たちにもっと優しく接してくれることを期待します。どんな命でも大切だということに、私たちは気付く必要があります」と語る。

レフソンさんは現在、出身地の南アフリカでルピーと暮らしている。ルピーはたっぷりと寝て、旅の疲れを癒やしているのだという。

レフソンさんは来週、一緒に世界を旅した前の飼い犬オスカー(Oscar)に捧げる著作を発売する予定だ。(c)AFP


| 保護された野良犬がエベレストのベースキャンプに到着 | 動物 生き物 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

中川翔子さんが保健所から9匹の子猫の里親募集

中川翔子(28)さんが保健所から9匹の子猫を引き取って里親募集したことで混乱が生じました。

中川さんは7日のツイッターで「長崎の病気の子猫たちを9匹助けました!保護して里親にだします」と募集。

8日には「長崎出身の子猫たち、九州で里親さんになれる方は翔子福岡ライブのとき、福岡でお渡しできます」と重ねてツイートした。

これに対して応募が殺到。

2度目のツイートの内容が、ライブ会場で子猫を手渡しされるとの誤解を生んだ。一部にはそのような報道も流れた。

「まず、コンサート会場で渡すという間違った報道がありましたが全くありえない話です」と最も大事な点を確認し、里親の条件など改めて詳細を記した、母・桂子さんが中川のブログ上で11日、「大切なお知らせ」と題した記事を掲載して収拾を図った。


今回の里親募集については、子猫を救った中川の行動を称賛する声が相次いでいる。

その一方で、ファン心理から無理な応募をする者もいるのじゃないかと、不安視する意見もある。

yahooニュースより


このニュースを読んで、動物好きで猫好きの中川さんらしい行動だと思いました。

それと同時に、どうしてこんなにも多くの応募があるんでしょうか。

保健所には多くの殺処分される猫や犬がいます。

里親募集のホームページも沢山あります。

本当に子猫の里親になりたいんでしょうか?

本当に引き取った猫を大事にしその命を引き受ける覚悟があるのでしょうか。

中川さんが保護した猫だからファンとしてはほしい気持ちは分りますが、猫と暮らすのはお金もかかります。

病気になれば病院にも連れて行ってあげなければなりません。

その心構えがあって応募したのでしょうか。


中川さん側も里親さん選びは十分吟味してもらいたいと願います。

せっかく命拾いした子猫が再び不幸な目にあわないように。


しかし中川さんのような有名人の呼びかけにこれだけの反応があるのなら、今後も是非とも続けてほしいと思う気持ちもあります。


殺処分される動物は死を受け入れたような悲しい目をしていると、保健所を取材した人がホームページに書いていました。


殺処分される猫や犬がなくなりますようにと思うのです。

 

 

 


 

| 中川翔子さんが保健所から9匹の子猫の里親募集 | 動物 生き物 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

頭も身体能力も抜群の犬

「The world's most intelligent dog 」のタイトルどうり本当に頭の良い犬。

これほど忠実に飼い主の言うことを聞いてくれれば可愛くて仕方ないでしょうね。


頭が良いだけでなく運動能力もスバ抜けていますね。

飼い主さんとの信頼関係があるからこそだと思いました。



 

 

 


 

| 頭も身体能力も抜群の犬 | 動物 生き物 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

ペットに遺産を残したい 飼育を条件に遺言や信託で

  自分が死んだらペットはどうなるのか? こんな不安を抱える高齢者は少なくない。

 昨年9月、飼い主を対象にしたペットのためのエンディングセミナーが大阪市内で開かれた。定員50人に対し、申し込みは70人以上。

 セミナーでは、遺言書の作成など具体的な手続き方法が紹介された。主催者の一人、本田みつ子さんは「動物を飼育するということは、一生飼うという責任を持つことです」と話す。

 ペット法学会副理事長の吉田真澄弁護士は「相続では、他の財産はいるが、ペットはいらないというケースもある」と説明する。

 相続手続きが終わったらペットが殺処分されるケースもあるという。こうした最悪の事態は、事前に家族で話し合うことで防ぐことができる。吉田弁護士は「ペットの飼育は世話の仕方など相性もある。餌や散歩の内容など詳細も詰めておいた方がいい」。

 ◆出した結論は…

 ペットを託す相手がいても飼育にはお金がかかる。託す相手がいない人もいる。日本では法律上、ペットに直接遺産を残すことはできない。だが、ペットを世話してくれることを条件に遺言を書き、間接的にペットに遺産を残す「負担付遺贈」は可能だ。

 大阪府内の一軒家で、1匹の猫と暮らす2人の女性。残された1人も亡くなった場合、猫はどうなるのか−。2人が出した結論は「2人が死亡したとき、猫を飼うことを条件にペット仲間の女性に家や土地を譲る」という遺言を書くことだった。同内容の負担付遺贈契約書も作成した。

作成に関わった行政書士の川上恵さんは「遺言のメリットは死後に自分の意思が生かせること。何らかの手だてをしておくことで、今を安心して生きることができます」と指摘する。

 負担付遺贈の場合に注意が必要なのが、法定相続人の遺留分を侵害していないかどうか。遺留分の侵害があると、相続人は遺留分を求めて家庭裁判所に申し立てる権利がある。この女性2人のケースは慰留分が認められている相続人がいなかったため、問題はなかった。

 ◆民事信託も

 負担付遺贈に比べて手間が掛かるが、「ペット信託」という方法もある。

 福岡市のペット専門行政書士、服部薫さん((電)092・775・0418)は「信託はペットのために確実に財産を残せる。相続財産とは別に管理できるため、相続争いに巻き込まれません」と話す。

 ペット信託では、ペット飼育用の財産は飼い主が作った合同会社で管理する。このため、相続財産とは別に管理することができる。ペットが適正に飼育されているかどうかも信託監督人を置いて監督することができる。信託契約時、信託を終了する時期なども盛り込んでおけば、さらに安心できるという。

 福岡県内の主婦、田中佳代子さん(57)=仮名=は、20匹近く飼い猫がいるため、服部さんにペット信託を依頼。田中さんは「飼い猫の飼育費用は、ざっと計算しただけでも年間50万円。三女が猫の面倒を見てくれることになっているが、負担を掛けてはいけないと思い、信託を選んだ」。

 田中さんが(1)死亡(2)体が動かなくなる(3)認知症になる−など信託の開始時期の条件を細かく設定。条件を満たせば信託が始まり、三女に合同会社から月々決められたお金が支払われる。

 信託によって、田中さんは以前より安心して暮らせるようになったという。



「ペット信託」を検索してみると、約4,220,000件もあった。

ペットは大事な家族という方々も多い。

でも、もし、自分がいなくなってしたったら・・・・・

そう思うの当然のことですよね。




| ペットに遺産を残したい 飼育を条件に遺言や信託で | 動物 生き物 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/8PAGES | >>